写真入りのオリジナルTシャツなら手軽にプロ並みのデザインに仕上がる!

Tシャツ

近年、オリジナルTシャツで人気を集めているのが、写真をTシャツにプリントするというデザイン方法です。シンプルな写真入りのTシャツは手間なくおしゃれなデザインに仕上げることができ、更に1枚からでもオーダーができる手軽さが魅力です。また、旅行先で撮ったお気に入りの写真をシャツにプリントしたり、恋人や家族と撮った思い出の写真をプリントしたり、アイディア次第で様々な可能性があります。こちらでは、写真入りのオリジナルTシャツを紹介します。

写真入りのオリジナルTシャツはweb上のデザインシミュレーターで簡単作成!

写真入りのオリジナルTシャツは各業者のホームページにあるデザインシミュレーターで作成することができます。こちらでは、作成の流れを紹介します。

Tシャツ

20778481 – women s polo shirt template in colors

①シミュレーター対応のアイテムを選択する

写真入りのオリジナルTシャツは、スタンダードなTシャツだけではなく、ポロシャツやスウェットなどにも写真を入れることができますし、スマホケースやグマカップやトートバッグといったグッズも作成できます。まずはどのような商品をデザインするか選びましょう。また、Tシャツだけとっても素材やシルエットに違いがありますし、商品によって納期も変わりますので、そのような点も踏まえた上で商品を選びましょう。

②選択した商品のベースカラーを選択する

続いて、選択した商品のベースカラーを選びます。実際に写真を入れた際にイメージと違う仕上がりになってしまうこともありますので、シミュレーターで仕上がりを確認できるのは非常に便利です。近年はカラーバリエーションが豊富ですので、あらかじめどのようなカラーにしたいかの目星をつけておくようにしましょう。

③写真の入稿選択

Tシャツにプリントしたい写真を選択して、シミュレーターに入稿します。写真の入稿は簡単なクリック操作や、ドラックアンドドロップで完了するのがほとんどですので、初めての方でも安心です。写真の形式によっては入稿できないこともありますので、あらかじめ利用する業者がどのような形式に対応しているかを知っておきましょう。

④編集部位を選択

写真をプリントする箇所を選びましょう。前面に大きくプリントしたり、胸元にワンポイントとしてプリントしたり、背面にプリントしたりと様々なパターンがあります。デザインをイメージする際は、どこにどれくらいの大きさでプリントするのかも含めて考えましょう。

④テキスト文字の入力

写真に文字を追加してデザインすることができます。フォントの種類や、文字の配置などを確認しながらデザインをすることができますので、仕上がりをイメージしながら作成しましょう。入力することができる文字数にも限りがありますので、把握したうえでデザインを考えるとよいでしょう。

⑤スタンプの追加入力

クリップアートとして、ハートや星など簡単な記号や、イラストなどがあります。写真や文字と組み合わせることによってよりオリジナルTシャツのデザイン性を高めることができます。

Tシャツ

引用元:プラスワンインターナショナル

⑥完成後のチェック・データの保存

デザインが完成したら、サイズやカラーなどを間違っていないか改めて確認しましょう。また、仕上がりイメージに最適なインクを選べているかなどの確認も大切ですので忘れずに行いましょう。後々データの修正を行う可能性もありますので、データの保存をしておくとよいでしょう。

写真入りのオリジナルTシャツは背景にもこだわるべき!

Photoshopなどの画像加工ソフトを使用することによって、オリジナルTシャツにプリントしたい写真やデザインの背景を透過処理し、透明にすることができます。下に記載している、BEFOREが透過処理を行う前の画像で、AFTERが透過処理を行って白背景を消したものです。車輪入りのオリジナルTシャツを作成する際に背景があるのと、ないのではどのような違いがあるのかを知っておきましょう。

男女

引用元: TMIX

①背景ありの印象

背景がある写真をプリントすると、画像をそのまま貼り付けたような印象になり、簡易的に作ったようなチープな仕上がりになってしまいます。一枚の写真として完成されているものであればデザイン性が高いですが、背景が白のものであればこのようなチープ感が出てしまい、デザイン性が低くなってしまいます。

Tシャツ

引用元: TMIX

②背景なし(透明)の印象

白背景を透過処理している写真であれば、よりTシャツ本来の色とマッチした仕上がりとなります、デザインの質が高まります。また、商品本来の色や柄を利用したデザインにすることもできますので、アイディアがより広がります。プリントした写真に合った色や柄の商品が見つかれば、よりデザイン性の高いTシャツに仕上げることができます。

Tシャツ

引用元: TMIX

写真入りのオリジナルTシャツをワードローブに加えよう!

ロゴやイラストを一からデザインするのは、専門的な知識や専用のソフトなどが必要になりますので、ハードルが高いです。しかし、写真であればスマートフォンやデジタルカメラなどで手軽に撮影することができるので、手軽にTシャツデザインに組み込むことができます。デザインシミュレーターを使用すれば、初めての方でも簡単に写真入りのTシャツをデザインすることができますし、仕上がりをしっかりとイメージすることができます。写真の種類によっては背景の透過処理を行うことによってより高品質な仕上がりになりますので、工夫をして楽しみながら写真入りのオリジナルTシャツを作成してみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*